<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

純米酒のすすめ

半分仕事、半分趣味(って言ったら怒られますが)で、埼玉県のとある酒蔵へ行ってきました。

ここの酒のすごいところ。

・このご時勢、純米酒100%の酒しか作らない

・昔ながらの製法にこだわる

・売れるからと言って、無理に生産量を増やさない(正確には納得いかない酒は売らない)

K正宗とか、大きいメーカーでなくとも、有名どころであれば、一部はアルコールを添加して作ってます。鬼も学生時代にNPO法人「環境保全米ネットワーク」にインターンしていたときに、ある程度、米作り、酒造りの勉強をさせていただいおかげでこんな知識も身に付きました。

それからは原材料を見て、「米」と「米麹」としか書いていない酒を飲むようにしてますが、それだけでやっているとは。。。

一般にアルコール添加(=アル添)の酒の原材料費が30%、普通の蔵(純米酒もアル添も作る)なら50%の中で、この蔵は何と!70%!!

3000円の一升瓶なら、2100円はお米代っすよ。それだけ本当に米からのみできた酒を作りたいってことと、いい米を使っているという理由に他なりません。

今、全国の酒蔵は後継者不足もあいまって、廃業する酒蔵が後を絶たないそうです。鬼が仙台にお世話になっていた「一ノ蔵」のような大手はまだいいにしても、地方の小さな酒蔵はどうすればいいのでしょう。

そんな酒蔵に朗報です。今、国会で審議されている法案が成立すれば、米の補助金制度が変わります。効果を簡単に言えば、今お米を作っている農家に対する間接補助が、各戸への直接補助となります。その代わりに、お米の輸入価格は国際価格並み(とまではいかないかもしれませんが)に近づき、お米の値段が今の半分程度になるんです!!

これの契機に日本の酒蔵を再生だ!!って息巻いているのが、今回その酒蔵へ向かった理由の1つです。

ちょっと仕事が楽しくなる企画です。

久々に「夏子の酒」を読みたくなりました。部室行けば、まだあったかな・・・。
[PR]
by greenconsumer | 2007-05-27 20:14

Rubyと地域発ビジネス

そういえば今週は個人的に知り合いの㈱ネットワーク応用研究通信所のIさんと一緒に食事を東京駅の中でしましたねー。

ちょうど高校の先輩だったことが発覚して(ボート部だったらしい、今は会社の社員が大会に出てるとか)、意気投合。今回のランチにこぎつけました。

Iさんは社長なだけあってIT業界の潮流をいろいろと分かりやすく話してくれて、先日日経BP技術大賞を受賞した「Ruby」の技術についても、しっかり説明してくれました。鬼は情報リテラシーが低いもんで、「Java」よりもプログラミング言語として簡便な言語が「Ruby」であるってことくらいしかわかんなかった。。。

でも「Ruby」のような世界に名だたるオープンソースを松江で開発して、それを日本の企業のみならず、世界で使われているって、考えただけでもとっても素敵だと思う。

これぞ「Web2.0」の世界を地で行っている形である。ITというツールを使えば時間と場所を問わずどこでも需要さえあれば、使用されるってすごい!!

ちょうどその日もらったニュースの記事がこれ→記事

なんか地域発の企業同士のこういった提携はめずらしいそうです。そりゃそうだ。東京とどっか以外の組み合わせばかり鬼だって考えちゃうし。

地域にこだわったビジネスが注目を浴びる中(食とか)、こんな場所を選ばないビジネスモデルが松江から発信されるのは、とっても楽しみです。もっと大きくなーれ!!
[PR]
by greenconsumer | 2007-05-21 00:49

講道館

京大の柔道部の先輩:D大さんに連れられ、はじめて柔道の総本山「講道館」の練習に行ってきました。

ここの畳で柔道をやるのは、大学3年の全国国公立大会ぶりなのことと、やっぱりいつも練習している所じゃない場所でやるっていうのは、なんか緊張しましたね。

6面あるうちの3面は小学生とかへ柔道教室をやっていて、残り半分は自由開放みたいな感じで練習に来ている人間が、銘々に組み合って練習しているっていうかなりフリーなスタイルです。

最初は面食らって、よくやり方がわからず京大のY原先輩と乱取を。その後は強い人、色白の人、いかついおじさん、イケメン中国人、日本強化選手などいろんな方とやりました。

なかなか普段練習やっている場所では、ほんとに投げられるっていう場面が少ないので、ガチンコでやって投げられそうっていう雰囲気は久々に楽しいもんでした。

感じたことを2つほど。

1.外国人の方おおぃ!

20名ぐらいはいたでしょうかね。みなさん礼儀もしっかりしていて、貪欲に練習していました。国籍も、アジア、中東、欧米問わず本当に多国籍で、柔道の裾野の広さを改めて感じました。

最近思うのですが、たまたまですけど、日本に緒を発する「柔道」という競技は国際的な場面でやっているというだけで、いろんな意味で「日本」のアイデンティティを伝えることができるなと感じてます。この前タイへ行ったときも、2年前にカナダへ行ったときも、何をやっているんだという質問に対して、自信を持って答えることができるこの意味は大きいです。


2.礼が座礼

柔道の礼ってほんとは座ってやるのが正式なんですよね。型やるときもそうですし。

いつもは簡易的に立礼をするのですが、改めて総本山の厳しさを感じました。特に服装を直すときも、きちんと正座をしてから直す指導が徹底されていて、さっすがだなーと。柔道の母国たる日本は礼儀作法もきちんとオリジナルを示さねばね。

ちょっと余談になりますが、先日練習へ行っていたときのこと。津沢先生(世界選手権チャンピオンでっす、富山出身)が話されることには、

4月にあった「講道館杯」を見にフランスから3名の柔道の女子選手が来ていた。彼らはチケットを抑えていなかったので、自分がチケットを手配した。そして試合が終わって感想を尋ねたところ、彼女たちは口々に「残念だ」と言っていた。

「谷が負けたことが残念だったか」と先生が聞いたところ、「棟田選手のが見ることができなかったことが残念だ」と答えたという。

棟田選手は、その柔道の強さもさることながら、毎試合ごとに試合場や相手に対して深々と礼をし、敬意を表することで知られており、わざわざ楽しみにされるくらいという話でした。

これは日本として、柔道発祥の地である自分たちにとっても、大きな意味のある話であって、いろんなところで柔道をやっている自分というものが、柔道の祖国「日本」のイメージを担うシーンがあるんだってことを自覚しながら、また汗を流したいですね。

今日の中国人の方はリュウ・シオンに似てたけど(韓国人か、これは)。

来月の広島の試合はがんばります!
[PR]
by greenconsumer | 2007-05-13 04:48

タイランド・レポート

戻りました。

いきなり空港からタクシー乗ったら、スキンヘアのイカツイお兄ちゃんが運転手で、しかもガムかみかみで恐面ときたもんで、臨戦態勢で後部座席に座ってましたが、ホテルまで着いてみたら、すっげー腰の低い運ちゃんでした。外見は恐るべし。

滞在時間のほとんどが首都:バンコクで過ごしましたが、まあエネルギッシュなこと。
こんな雰囲気の場所って今の日本にはないなーって感じです。

街を歩いているだけで(日本人っていうこともあるんでしょうが)、タクシーやトゥクtゥク(タイの三輪車タクシー)の運ちゃんは声掛けまくってくるし、タイ古式マッサージのお店の人もすっごい商売っけありました。

今回の旅のハイライトは「ムエタイ」を本場で見れたことでしょうか。現地価格で言えば、かなり高い(1,800バーツ=約7,000円)感じでしたが、PRIDEなら高すぎて見れないリングサイドであつーい闘いが見れたのは、満足でした。

驚いたのは、日本人の少年(11歳)がプロの興行の1試合に登場していたことです。いきなりお父さんらしき方が近づいてきて、「あの子は日本人なんで、応援してやってください」って言われた時は、かなりびっくりしましたが、いい試合をしてました。結果は判定負けだったんで、これからはもうちょっとパンチを鍛えるのと、ハートを強くした方がいいかなって思いました。

こんな小さいときから異国の地で頑張れるくらいなので、将来K-1とか出てほしいですねー。

他に印象に残ったのは、値段交渉ですかね。お土産屋さんやタクシーの運ちゃんとギリギリの値段交渉をするのは、かなり楽しい♪

食べ物もタイカレーをはじめ、トムヤンクンとか、ほんと旨かったです。バンコク市内はけっこう2日間で回りつくした感もあるので、次はチェンマイ行ってみたいですね!
[PR]
by greenconsumer | 2007-05-07 20:54

タイランド

明日から初の東南アジアへ行きです!!

一緒に行く奴とは、現地のホテルで合流という何とも無茶苦茶な行程ですけど。

ムエタイの試合は逃さないように、それ以外も目一杯バンコクを楽しんできまーす。
[PR]
by greenconsumer | 2007-05-03 22:22


本当にどうしようもない状況に陥ったら、こう思う。ここが分かれ道だと。ここで投げ出すか、踏ん張れるかだと。


by greenconsumer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
粉骨砕身
暗中模索
阿鼻叫喚
色即是空
森羅万象
起死回生
喜色満面
リンク
未分類

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

フォロー中のブログ

ライフログ

最新のトラックバック

Fioricet no ..
from Fioricet no pr..
Buy duromine.
from Buy duromine.
Synthroid.
from Synthroid.
Adipex.
from Adipex.
Esomeprazole.
from Esomeprazole.
Buy butalbit..
from Buy butalbital..
Hydrocodone.
from Hydrocodone.
Synthroid me..
from Synthroid.
Toronto gay ..
from Toronto gay pu..
Buy fioricet.
from Buy fioricet.

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧